今日は午前中練習で、午後は合唱祭という長い1日です。梅雨入り前で好天に恵まれ舞台衣装や楽譜の荷物を背たろうて、皆さん集合です。

練習はもちろん光は届いている。先生が歌われていた歌詞を男性パートが歌います。何度も繰り返し、レガートであり、その歌詞の語りかけ力を最大限に発揮出来るように練習します。 どのパートも先生がお手本を歌って下さるので先生の真似がで出来れば間違いない!先生に近づいている!

練習はちょっと早めに終わり、3時に合唱祭会場に集合となりました。

会場ではまず衣装にきがえます。めちゃファスナーが閉まるか心配でしたが、閉めたまま被れば着られました!ホッ… 衣装に着替えた後は小ホール最後のリハ。お客様にこの歌が届くようにと最後の仕上げです。リハが終わりいざ本番! 周りの声を聴きながら、歌詞も間違えそうになりながら歌い終わりました(汗)

今回は初めて看板ガール?を仰せつかったので緊張しました。 最後に解散前の花月先生の 言葉の中に「僕はオペラの中で3分間のクライマックスがあるとしたら、逆算してそのクライマックスが最大限に活かせるように組み立てます。皆さんの歌もそうです。僕と一緒に作って行きましょう!」 皆さん、付いていきましょう♪

マッチャン

(次回の練習は、7月14日(日) 9:30~です)