4月に入って最初の練習日。
出席率も高く活気を感じますが、それだけじゃなく見学の方が6名もいらっしゃって張り切ってレッスンスタート!
「いつになく和やかな感じで行きましょう」
そうそう、いつもはスパルタの花月先生の指導でピリピリしながら…ってそんなことないです、いつも和やかですよ(^◇^;)花月先生のこんな冗談こそがいつもの感じなのです。

そんな感じでスタートしたレッスン、まずは「終わりのない歌」「君のそばで会おう」。
レガートを意識してしっかり歌うところや強弱を確認しながらの練習。続いて「光よ そして緑」リズムの取り方が指揮を見ても取りにくい…と思っていたら先生から「この曲は難しいのはピアノです」。ピアノにつられて勝手に難しがってただけなんですねσ^_^;

そして「月の夜」はまだまだ途中入るところが掴めてないところがありパート毎に指導いただきました。
続いては「フィンランディア」ですが歌う前に重大発表…本番はフィン語です‼︎フィン語の読みのカナをふってくることと言う初めての宿題が出されました。
次の曲は久々の「光は届いている」。何年も何度も歌って来た曲で得意曲…と言いたいところでしたが見事に歌詞忘れてました( ̄O ̄;)

そして次の曲…と思ったら何と!花月先生がサプライズで歌って下さいました!気分転換できたところで「二度とない人生だから」。この曲こそはみんなしっかり覚えてて自信を持って歌えました。

最後に「第九」を途中まで練習してタイムアップ!盛りだくさんな1日で充実した練習となりました。
練習後、定演用の衣装候補のドレスを見せていただきました。未定の段階ですが探して見本まで準備して下さった衣装係さんに感謝です!

by kumi