3月も残り少ないというのに肌寒い日が続きますが今日も多くの団員が顔を揃えていました。が、私は電車の遅延で20分近く遅刻で着いた時にはパート練習(幸い前回やったところのおさらい)が終わるところでした。楽譜の読めない私にはこのパートリーダーさんがして下さる音取りが何より頼りなのでとても助かっています。

「きみ歌えよ」を最後まで音取りが出来たところで全員集合。先生が前に立っての練習となります…が!前に立ったのは花月先生ではなく!

誰ですか!?このフレッシュでヤングな青年は!!!

遅刻したため後ほど聞いたところ、大学で学生指揮をしていてこの春卒団し、花月先生が勧誘(無理矢理ではないですよね?)してきた谷口さんという方で、副指揮者兼バスとして新たに入団して下さるそうです!副指揮者、何とも頼もしい響きですね。

谷口さんは終始にこやか、こちらも笑みが移ります。曲も楽しげなので全身を動かして指揮して下さいます。また歌詞の表現も「女性へプロポーズするときのように」とか、ちょっと笑ってしまうことをにこやかに話すので最後まで練習は顔面の筋肉が鍛えられてしまいました。

二曲目「光は届いている」は谷口さんは初めて聴く曲、と言いながらも歌詞の意味もきちんと捉え的確な指導をして下さいました。花月先生とはまた全く違ったタイプでしたが、これからが楽しみです。

さらにもう一人、バスに新たなメンバーを迎え、これからますます楽しみになって来ました!

ですが今日で退団の方も…創団以来一緒に頑張ってこられた方だったので淋しくなります。

出会いと別れのあったこの春ですが、私たちはこれからも前に進んで行きます!

by Kumiko

(大阪グランドピアノスタジオにて)

※次回は4月9日(日)9:30です。